2021/07/22

【代表ブログ】豆腐メンタル代表が考える「地域に価値を生み出すため、これから大切にしたい3つのこと」

去年の初頭に思い描いていた希望と、その後の悩みに満ちた現実にはあまりにも差がありすぎて、このままだと仕事に殺されるか、絶望に寝込んだまま孤独死するかのどちらかだな、と思ったりもした一年だった。

けどようやく最近少しずつ歯車が回りだした予感がしている。想いを持って関わってくれた若者の成長、スキルを持った人との共感をベースにした合流が、連続して起こり始めているからだ。

しかしつばめソリューション自身には未だたくさんの課題がある。そんな中で、少しでも生み出す価値を大きくするにはどうしたらいいか。

  1. ひとつは、つばめ自身のサービスレベルのさらなる向上。少なくとも地域トップクラスにはなる必要がある。
  2. ふたつに、広く深いパートナーシップ。一人では無理でも仲間がいればなんとかなるかもしれない。
  3. みっつに、地域に価値を生み出す想いを共有できるクライアントとの出会い。その力を増大させるために、つばめは存在している。これらが掛け算されることで、生み出される変化は何倍にもなりうるはず。

特にキモとなるのは2,3番目。これから、よりそういった想いに共感してもらえるパートナーとクライアントと、たくさん繋がっていけるような戦略を練っていく。そして、みんなで変化を生み出す。そのための体制を整えていくのが今期の目標。

ちなみに、キラキラしたことばかり言っているが、私は基本的にネガティブな心配性で。。。

超高齢化による新陳代謝と革新の滞りやら、それによる経済、文化、喜び、生に向かうエネルギーの退化やら、皆が貧乏になるがゆえ、妬み嫉み、疑心暗鬼、自己中心的な価値観の蔓延やら。このままいくと、その結果として弱者から犠牲になり、国力が低下し、世界的に力を失っていくような、そんな100年が待っている気がしてならない。それを少しでも、変えたい。

私は何億円もの投資を受けて世界を変えるような冒険的事業は到底できない。そういうキラキラした希望に溢れたスタートアップにチャレンジできる若者は、心から尊敬する。

けど少しずつ仲間を増やして、身近なところから世界を変えていくのはできるかもしれない。ちょっとずつ無理のない範囲で、自分ができることで価値を生み出す。そしてそれが他の価値と相乗効果を生み出して、少しずつ影響力を大きくしていく。そういうかたまりが地域にたくさん増えて、繋がっていく。そんな未来にはちょっとは希望があるのではないか。そんなビジョンを描いている。

もう人生後半戦。どこまでそのビジョンを達成できるのか。はたまた、別のビジョンが現れるのか。まずはとりあえず、目の前に見える山麓を目指して歩んでいきたい。