Menu Close

つばめのブログ

Swallow’s Blog

中国HUION製液タブ購入。その出来はいかに?レビュー

スタッフが増えて、みんなでお絵かきをできる環境を整えたいと、「液晶ペンタブレットHUION KAMVAS13」を購入。

≫ HUION 液タブ Kamvas 13  | Amazon.co.jp

液タブというと、Wacom Cintiqシリーズが最も有名なのですが、今回はあえて中国HUION製のものを選んでみました。

<ポイント>

  • 価格が安い!27,000円
  • Wacomの同等品は6万円以上。
  • 別売りのUSB-Cケーブル一本で接続可能(PC側の機能による)
  • ショートカットボタン付き特に二つ目の、ケーブル一本での接続が魅力的。

     

     

これまでWacomの液タブは、専用のアダプターにごつい電源ケーブルなどをたくさんつなぐ必要があり、複数人が共有するには一苦労だったのです。(Wacom Cintiq Pro 13も所有しています)

KAMVAS13は、対応しているノートPCなら、電源を含めてUSB-Cケーブル一本でつなぐことができる快適さ。

では肝心の描き心地や性能はどうかというと・・・早速試してみたところ、Wacomとほとんど遜色なし!細かい設定や調整はWacomのほうが優れている気もしますが、簡単なイラストを描くぶんには全く問題ありません。

さらに、サラサラした描き心地になるフィルムが最初から貼ってあったり、画面の傾きを段階的に調節できるスタンドも同梱されている親切さ。

中国製のグローバル展開されている最先端商品のクオリティはほんとすごいです。これでデザイン作業も捗りそうです!

つばめソリューション株式会社について

つばめソリューションでは栃木県宇都宮市を拠点に、デザインとITで地域を良くする活動を応援しています。具体的にできるものは、ホームページ制作、チラシ・パンフレット制作、ロゴ制作・ブランディング、ITソリューション提案、写真動画コンテンツ制作など。

ご自身の活動や事業をよりかっこよく、面白くしていきたい!とお考えの方は、ぜひご相談ください。一緒に何ができるのかを、寄り添って考えます。

≫ つばめソリューション株式会社PV

ブログ記事一覧

Blog archive